イシダニストYuko☆こつこつとんとんパチリ徘徊blog

日本一の石段をジム代わりにするイシダニスト(アルピニストより勝手に考えた造語)。アラフォー。随分育った二児の母。山と動物と酒大好き。心趣くままカメラを持ってどこまでも♪

第175回blog♪受け取った温かいお気持ち♡

突然、被災地となってしまった熊本。

(市役所14Fより)

f:id:yuko76a:20160509165845j:plain

f:id:yuko76a:20160509165844j:plain

f:id:yuko76a:20160509165846j:plain

f:id:yuko76a:20160429135812j:plain

 



日本に住んでいると最近は毎年、どこかで自然災害が起きていて熊本でも水害などは記憶に新しい。

親戚やお友達がそういう場所に暮らしていたら自分もなにかチカラになれないか考えるだろうけど実際ワタシにはなにが出来るのかな。

 

今回、大地震に見舞われて離れて暮らす家族、親戚、そしてお友達、しばらくご無沙汰しているお友達も、とにかく多くの方々に温かいお声を掛けていただきました。

しかーし電話回線、これはなかなか通じなくて?

 

災害用伝言ダイヤルに至っては4〜5日後に着信があったりして使い方熟知してる人やネット環境にない人、急がない人にしか有用ではない気がした。(個人的見解です)

 

「消防や救急の緊急連絡を優先するために不要な電話はかけないで」なんて言われても安否は気になって当たり前だもん?
みんなそれはわかってても地震直後に電話したい気持ち止められない。
繋がりにくくなるのはどうしようもない。。


有効だったのはネット回線、sns

Wi-Fiを開放してくれたケータイ電話会社に感謝)



突如非日常に放り込まれて人恋しい被災地。

知り合いと情報共有したり安否確認したり、snsは便利だったな〜と振り返る。

 

 

経験のない不安の中、連絡をもらって、あったかいお気持ちいっぱい受け取りました(*´ω`*)




そして「なにか出来ることあったら連絡して、なにか送ろうか?」とみんな口をそろえておっしゃる(涙)

しばらくは不自由をしたけど、私たちは幸せにも自宅にとどまることが出来ていたので開いているスーパー等でなんとかなっていた。

 

※高速道路不通の影響(大渋滞)と道が悪いので自転車が便利だったお買い物出陣の図

f:id:yuko76a:20160509165441j:plain

 


みなさんのお気持ちだけ頂戴していたところに宅配便の個人宅への配送が再開されてこんな我が家にも全国各地から支援物資が。

送り主さんの産地の名産品や溢れんばかりの品々・・。

f:id:yuko76a:20160509150507j:plain



何を送ろうかと思案して下さる姿や、
「これも必要?あれも便利?」なんて悩みながら一品一品カートに入れていかれる姿、送り状を書いて下さる姿が映像化されて頭のなかに浮かんできました。

果物や野菜もさり気なく届けてくださったり、福岡のワタシの恩師からはお見舞金まで届いてしまった・・。

 

みなさん、なんてスマートなサラリとしたご親切(ToT)

荷物の中に入っていたのはモノだけではない、モノ以上に大きな優しい気持ちを我が家は確かに受け取りました!!!

熊本がもう少し復興復旧したら熊本のもの、私イチ押しのものをお礼として贈らせてもらおうと心に決めています。

 

ありがとうございます

 
元に戻るまで時間がかかりそうだけど出来ることをボチボチやります。