イシダニストYuko☆こつこつとんとんパチリ徘徊blog

日本一の石段をジム代わりにするイシダニスト(アルピニストより勝手に考えた造語)。アラフォー。随分育った二児の母。山と動物と酒大好き。心趣くままカメラを持ってどこまでも♪

第219回blog♪鯛生金山へ

地震が来て以降、登山してないな〜ってことで♪

 

登山、とまでは行かなくても山歩きしたくて菊池渓谷へ行こうと思った週末。

 

 

菊池渓谷方面も震災後、どのあたりでかは道が通れないって聞いていたけど詳しい情報はよくリサーチせぬまま♪(´ε` )

 

 

これから紅葉シーズンだし、菊池渓谷までは道は通れると思い込んでた。

 

 

まずは菊池神社におまいり。

f:id:yuko76a:20160910230715j:plain

 

地震による被害なんだろう、石灯籠が転んでる。

 

 

ココの参道の石段も少々きつい。

f:id:yuko76a:20160913215551j:plain

f:id:yuko76a:20160913215550j:plain

 

 

 

で、菊池渓谷に向かった。

 

 

 

でも・・?

菊池阿蘇スカイライン菊池渓谷には全然行き着かないところで通行止めだった。

 

 

中津江に行く分かれ道で途方にくれる、ハイキングな格好の私。

 

 

ただ引き返すのも・・。

 

ちょっと車停めて考えて行き先を変更することに。

 

 

鯛生金山へ(*´ω`*)

f:id:yuko76a:20160913215548j:plain

 

 

入場料は9月いっぱい無料だった。

f:id:yuko76a:20160910230552j:plain

f:id:yuko76a:20160913220725j:plain

 

坑道の中まで入るのは本当に何年ぶりだろう・・。

お化け屋敷っぽいんだよなぁ

 

夏に訪れるとヒンヤリして気持ちがいい

薄着の人は寒いくらいの14度

 

f:id:yuko76a:20160910230551j:plain

 

昔はこんな電飾はなかった。

f:id:yuko76a:20160910230550j:plain

 

 

 

 

私にとって鯛生金山といえば、昔ばぁちゃんが建てたお墓があったんだ〜。

 

若くして亡くなった伯父さんが入ってたけど、後々にはばぁちゃんの骨を納めていた。

 

ばぁちゃんは私が高校のころに亡くなったので、ばぁちゃんの死はもう20数年前の話になるのか。

 

 

 

ばぁちゃんの死から数年後、中津江が遠すぎるので父の住まいの近くにお墓を引っ越した。

 

最近、お世話する人が減ることでお墓を閉じる(移す)話しをよく聞くようになったけど父は行動が早くて(^^)
今ではお参りしやすいところにお墓がある。

 

 

 

 

 もうそのお墓は無くなってるんだけど、なんとなく懐かしい思いで鯛生金山すぐそばの墓所へ寄ってみた。

 

もちろん、お墓(遺骨)を移してから中津江のお墓を訪ねたことはない。

 

 

 

廃校になった学校に車を停めて、歩いてお参りした懐かしい光景。

f:id:yuko76a:20160910230553j:plain

 

この学校周辺は一応住宅地だったけど、今は朽ち果てたような空き家ばかりだった。

 

窓が壊れて、家の中も見えてて、洗濯物も時間が止まったように下がっていたり。

そんなおうちがいくつもあって。

 

ちょっと軍艦島へ行った時のことを思い出したくらい。

 

人が住んでいるおうちが年々減ってるんだろうな。

 

過疎化、過疎地、限界集落・・

歩きながら更に10年後どうなってるのか、余計な心配もする。

 

f:id:yuko76a:20160910230712j:plain

f:id:yuko76a:20160910230713j:plain

 

途中、草刈りしてる人にあった。

 

昔あったお墓を訪ねてると伝えたら、地震や台風で随分荒れてるよって。

 

 

お墓があったところへ

f:id:yuko76a:20160910230711j:plain

 

墓石ももう撤去されてて「ここだったかな?」ってところへ行ったけど。

f:id:yuko76a:20160913225816j:plain

↑↑この壊れたお墓の後ろの更地になってるところ

 

 

やっぱり、もう空き家を訪ねてるような。

ばぁちゃんがいるような気がしなかった。

 

良かった。

 

なんだか安心した。

よその壊れたお墓を見ると地震のまえに更地になってて良かったとも思う。

 

菊池渓谷にいくつもりでいて、予定が変わったのも意味あったんだろう。

 

また現在のお墓にちゃんとお参りしなくちゃな。